レコーディングダイエットに挑戦した時のお話です

今から約5年位前にレコーディングダイエットに挑戦しました。理由としては「毎日継続できること」と「簡単」という2点からです。
用意するものもメモ帳とペンのみなので早速チャレンジしました。

最初の1か月はただ単に食べたもののみを描いていくだけです。あまり細かく書くと後々続かないと思い記録するのは食べた時間と食べたもののみ。
実はこれ結構面倒くさかったです。なので、まず私がしたことは「メモ帳に書く手間を省く」ために物を食べなくなりました。
その代わり飲み物をとるようにしました。飲み物も一応記録しましたが、お茶や水は記録しないことにしました。

記録にも慣れてきたころになると食べたもののカロリーを調べて記入するようになりました。
これが結構心にダメージを負う作業になります。が、同時に自分がどれだけ食べ過ぎていたのかということもわかるので今後の作業に役立ちます。
私の場合は夕食に食べるカロリーを取りすぎているということがわかりました。
この「理解する」ということ本当に重要です。そして後半は一日1300kclで過ごすように計算するということをしました。
そう、この1300kclを守れば何を食べてもいいのです。なので私がよくしていたことは「分割して食べる」ということです。

例えばどうしてもどら焼きが食べたければ、1個まるまるではなく、半分だけとかにすればいいわけです。
そうすれば朝食や昼食を調整してどら焼きを食べることができます。
なんというか、パズルのような感じで食べ物を組み合わせていく感じでした。
そんな生活を約2年ほど続けた結果、マイナス15kgのダイエットに成功しましたが、このダイエット続ければ続けるほど私は
「好きなものを食べられないわけじゃないけど、この先も私は好きなものをおなか一杯食べられないで生きていくの?」という思いに駆られてしまいやめてしまいました。
それでもリバウンドはプラス5kgくらいでした。手軽に始めるならお勧めですが、精神力が続く方に向いている方法だと思いました。